ノコンギク(野紺菊) 



ノコンギク1z



ノコンギク3z



ノコンギク4z



ノコンギク5z


ノコンギク(野紺菊)

分類 : キク科シオン(アスター)属  多年草
学名 : Aster ageratoides var.ovatus
分布 : 本州~四国・九州
  日当たりのいい山野の道端、林の縁、人家周辺などに生える。
特徴 : 草丈30~100cm。
  人家周辺に生えるものは草刈りによって茎の上部が刈られても
  腋芽(わきめ)を伸ばすので、草丈は低いながらも花を咲かせるそうです。
  葉は長楕円形~卵形の長さ6~10cm、幅3~5cm。
  葉の裏表に粗い毛が生えていて、触るとざらつきます。
  茎の上部はよく枝分かれし
  更に枝分かれした先に径2.5cmほどの花が多数付きます。
  花後の種子につく冠毛は長さ4~6mm。
  (この花によく似たヨメナは、枝先に一つ花がつき、冠毛は0.5mmほど)
  葉の形や舌状花の花色などに変化があり、多くの変種があるということです。

名前の由来 : 舌状花の色が紺(青紫)色の野菊ということで。
  又は、野にあるコンギク(紺菊)=観賞用選抜品種 だからという説もありました。

メモ=一昨年この花を投稿したときは、ノコンギクの同定確率60%程度と記しました。
  今年は人様の庭先で咲いているのを見つけ、家の主さんにお聞きしたら
  ばあちゃんがノコンギクといっていましたという話でしたので
  ためらうことなくノコンギクとして投稿します。


※ データは2013年12月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト

Posted on 2015/11/14 Sat. 10:20 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« エリゲロン  |  ヨメナ(嫁菜) »

コメント

お返事

だいやんさんへ
ノコンギクはヨメナに似た野草ですが
見栄えがよく、育てやすいこともあり
庭先などに植えられることが多いようですね。
野草も捨てがたい花を咲かせるものがありますね。

トッコス爺 #- | URL | 2015/11/16 20:20 * edit *

ノコンギク

ノコンギクは野草なんだけれど、うっすらと紫色に輝いて、不思議な魅力がありますね。大好きな花の写真をありがとう。

だいやん #- | URL | 2015/11/16 09:32 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △