ハマギク(浜菊) 



ハマギク1z



ハマギク2z



ハマギク3z



ハマギク4z


ハマギク(浜菊)
栽培種

分類 : キク科キク(ハマギク)属  多年草
学名 : Chrysanthemum nipponicum (Nipponanthemum nipponicum)
分布 : 本州(青森県~茨城県)の太平洋側
  陽当たりのいい海岸の岩場や礫地などに生える日本特産種。
特徴 : 草丈80cmほどで、茎は太く、下部は木質化し、上部で枝分かれします。
  葉は肉質のへら形で光沢があり、長さ4.5cm内外。
  枝先に大きさ6~7cmの花が1個付きます。
名前の由来 : 浜辺に咲くキクということから。

メモ=花が大きくて美しく、栽培しやすいので
  江戸時代から観賞用として栽培されているということです。



スポンサーサイト

Posted on 2015/11/04 Wed. 10:45 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ペラルゴニウム・ラベンダーラス  |  ヒメアザミ(姫薊) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08