ヒメアザミ(姫薊) 



ヒメアザミ1z



ヒメアザミ2z



ヒメアザミ3z



ヒメアザミ4z


ヒメアザミ5z



ヒメアザミ(姫薊)
ヒメヤマアザミ(姫山薊)

分類 : キク科アザミ属 多年草
学名 : Cirsium buergeri
分布 : 本州(近畿地方以西)~四国、九州  
  山地や林の縁などの半日陰に生える。
特徴 : 茎は枝を分けて直立し、草丈は1m以上。
  茎には短い毛が生える。
  葉は細い長楕円形で、羽状に浅裂又は中裂し、強い刺(とげ)がある。
  総苞(花の外側をを包む部分)は細い鐘形をしています。
  花径は約20mm。

名前の由来 : 草全体が他のアザミより優しい感じのため。

メモ=春から夏にかけて咲くアザミ属は、ノアザミ(野薊)だけらしく
  多くのアザミ属は夏から秋に咲き、その仲間は50種以上あるといわれます。
  そうした中で名前を特定(同定)するのは難しく、消去法でヒメアザミとしました。
  間違っているかもしれません。



 データなどは2012年11月投稿記事からの転載です。




スポンサーサイト

Posted on 2015/11/03 Tue. 10:33 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ハマギク(浜菊)  |  2015年秋・バラいろいろ⑥ »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08