マダラカマドウマ(斑竈馬) 



カマドウマ1z

朝起きたら部屋の壁に止まっているのを見つけ
眼をこすりこすりカメラを構え、数回シャッターを押したところで飛び跳ね
姿を見失いました。

カマドウマ3z


マダラカマドウマ(斑竈馬)
ベンジョコオロギ(便所蟋蟀)

分類 : バッタ(直翅)目カマドウマ科
体長 : 20~27mm
分布 : 北海道~四国・九州
 人家の縁の下や井戸の中、野外では洞穴、朽木あたりなどで見られる。
特徴 : 黄褐色~灰白色の体に不規則な黒色の斑紋を備えていて
 触角と後ろ足が特に長い。
 翅は退化してないので鳴かず、ジャンプ力は強いそうです。
 昼間は集団で過ごし、夜は群れから離れ、単独で餌を求めて動き回り
 野菜や昆虫の死体などを食べるということです。

名前の由来 : 古い家屋の竈(かまど)周辺などでよく見られ
 体の色や飛び跳ねる姿が馬を連想させ、体に斑模様があることから。



スポンサーサイト

Posted on 2015/10/24 Sat. 11:00 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« オオスズメバチ(大雀蜂)  |  パンダスミレ »

コメント

お返事

鍵コメントさんへ
庭の植木や草花、下草などを注意深く探せば
もっといろいろな虫たちを見つけられるでしょうけど
探し当ててもすぐに姿をくらますので、撮れる機会が少ないです。
あまり障害物のない部屋に入ってきたものだと
窓際に追い込めば何とかなりますけどね。

トッコス爺 #- | URL | 2015/10/26 20:55 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/10/25 21:09 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-11