タイワンホトトギス(台湾杜鵑草)…2(終) 



ホトトギスb2z



ホトトギスb4z



ホトトギスb3z



ホトトギスb5z
品種名は不明です。
花の色姿は自生種のホトトギスに似ていますが
花のつき方が違っていました。


タイワンホトトギス(台湾杜鵑草)…2 (終)



園芸用としてホトトギスの名前で栽培されているものは
茎先から花柄が枝分かれして花を咲かせるタイワン系ホトトギスか
又は自生種のホトトギスとの交雑種が多いそうです。

日本に自生するホトトギスは葉の腋に蕾が2~3個並んでびっしり付き
ヤマホトトギスは花被片(花弁)が強く反り返り
ヤマジノホトトギスは葉の腋と茎先に白色で赤紫色の斑点のある花を1~3個つけ
花被片は平開するということです。
いずれも庭などで花を咲かせてあるのを見たことがありませんので
タイワン系ホトトギスのように栽培は容易ではないのかもしれません。



スポンサーサイト

Posted on 2015/10/17 Sat. 10:45 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« チヂミザサ(縮笹)  |  タイワンホトトギス(台湾杜鵑草)…1 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-07