ガンクビソウ(雁首草) 



ガンクビソウ1z



ガンクビソウ2z



ガンクビソウ3z


ガンクビソウ(雁首草)

分類 : キク科ヤブタバコ属  多年草
学名 : Carpesium divaricatum
分布 : 本州~沖縄
  山地の木陰や林の小道沿いなどに生える。
特徴 : 茎は直立して高さ25~150cm。
  茎や葉の両面には軟毛が密生しています。
  下部の葉はやや長い楕円形で、長さ7~20cm。
  上部で枝分かれした茎の先に一つだけ横向きか斜め下向きに
  長さ10mm、幅6~8mmの黄色の筒状花をつけます。

名前の由来 : 茎の先に曲がってつく花の様子が
  煙管(きせる)の雁首を思わせることから。



スポンサーサイト

Posted on 2015/10/13 Tue. 11:08 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« シュウブンソウ(秋分草)  |  オオチャバネセセリ(大茶翅挵) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △