コナギ(小菜葱) 



コナギ3z



コナギ4z



コナギ2z



コナギ5z


コナギ(小菜葱 又は 子水葱など)

分類 : ミズアオイ科ミズアオイ属  1年草
学名 : Monochoria vaginalis var. plantagineca
分布 : 本州~沖縄
 水田や沼、池に生える抽水性(水生)植物。
特徴 : 茎は根元で数本に分かれ、高さ20~30cm。
 最初は披針形の葉ですが、生長するにしたがってハート形や卵形に変化。
 葉は光沢があり長さ3~7cm、幅1~4cm。
 花は葉の基部に2~8個かたまって付き、葉柄の途中から出ているように見えます。
 花の大きさは1.5~2cmで
 同じ茎についた花は数時間で咲きそろい、夕方にはしぼむ1日花。

名前の由来 : 小形のナギ(菜葱)ということで。
 ナギとはミズアオイ(水葵)の古名だそうです。



スポンサーサイト

Posted on 2015/10/08 Thu. 10:25 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« マルバツユクサ(丸葉露草)  |  クサヒバリ(草雲雀) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08