コルチカム 



コルチカム1z



コルチカム2z



コルチカム3z



コルチカム4z



コルチカム
イヌサフラン(犬洎夫藍)

分類 : ユリ(イヌサフラン)科コルチカム属  多年草
学名 : Colchicum autumnale
原産地 : ヨーロッパ中南西部 北アフリカ
特徴 : 地中から10~30cmの花茎だけが伸びて
  花弁6枚の淡紫色の花が開く。1枚の花弁の長さは7~9cm。
  花が咲き終わった翌年の春に細長い葉を展開し、初夏に枯れます。
  球根を机の上などに置いているだけで開花します。

名前の由来 : 黒海付近の古い町名「コルキス」に因み
  イヌサフランは、サフランに似るが食材として役に立たないことから。

メモ=コルチカムとサフラン(アヤメ科)の簡単な見分け方は
  コルチカムのオシベは6本
  サフランは3本で、メシベが鮮紅色をしています。
  また、似たような名前のサフランモドキはゼフィランサスの別名です。


 データなどは2014年10月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト

Posted on 2015/10/01 Thu. 10:24 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« フタトガリコヤガ(双尖小夜蛾)…幼虫  |  ショウキズイセン(鍾馗水仙)  »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △