ヒメクグ(姫莎草) 



ヒメクグ1z



ヒメクグ6z



ヒメクグ7z



ヒメクグ8z


ヒメクグ(姫莎草)

分類 : カヤツリグサ科カヤツリグサ属  多年草
学名 : Cyperus brevifolius var.leiolepis
分布 : 北海道~四国・九州
  田の畦や池の縁、湿った草地などに生える。
特徴 : 草丈10~25cm。
  根茎は横に這って殖えます。
  茎は根茎から立ち上がり、先端に2~3個の長い苞葉を広げ
  中央に球形の花ををつけます。
  花は3mm前後の小穂(しょうすい)が集まり、径5~10mmです。
  茎や葉をもむと一種の香気があります

名前の由来 : 高さが小さなカヤツリグサ(蚊帳吊草)ということから
  クグ((莎草)とはカヤツリグサ類の古名だそうです。



スポンサーサイト

Posted on 2015/09/29 Tue. 10:25 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ショウキズイセン(鍾馗水仙)  |  ムラサキシラホシカメムシ(紫白星亀虫) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08