ムラサキシラホシカメムシ(紫白星亀虫) 



シラホシカメ1z



シラホシカメ2z



シラホシカメ3z



シラホシカメ4z
部屋に入ってきたカメムシです。
カーテンにとまらせたり、絨毯に這わせたりしました。
小さなカメムシですが、臭いは強烈で、息を止めながら写しました。


ムラサキシラホシカメムシ(紫白星亀虫)

分類 : カメムシ(半翅)目カメムシ科
体長 : 5~6mm
分布 : 本州~沖縄
特徴 : 平地の草原や林の周辺などで普通に見られる小さなカメムシ。
 やや紫を帯びた光沢のある暗褐色をしていて
 背面(小楯板基部)に一対の黄白色の斑紋があります。
 図鑑によればイネ科やキク科の植物を食べると書かれているものや
 いろいろな植物を食べるとも書かれています。
 マルホシカメムシに似ていますが、白色の斑紋が小さいそうです。

名前の由来 : 読んで字のごとくで、紫色をした白い星紋があるカメムシということで。

メモ=カメムシには手で触れたりして刺激を与えると悪臭を放つものがいます。
 手で触れてこの悪臭がつくと、しばらくは消えません。
 この悪臭を消す方法をネットで調べたら
 柑橘(ミカン)系の皮や洗剤を使うといいそうです。



スポンサーサイト

Posted on 2015/09/28 Mon. 10:19 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ヒメクグ(姫莎草)  |  ツユクサ(露草) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10