マルバルコウ(丸葉縷紅) 



マルバルコウ1z



マルバルコウ2z



マルバルコウ4z



マルバルコウ5z


マルバルコウ(丸葉縷紅)
マルバルコウソウ(丸葉縷紅草) 
ウチワルコウ(団扇縷紅)

分類 : ヒルガオ科サツマイモ(ルコウソウ)属 1年草
学名 :Ipomoea coccinea (=Quamoclit coccinea)
原産地 : 熱帯アメリカ 
  本州中部以西で野生化
特徴 : 太い茎を周囲の草などに絡ませながら5mほどに伸びる。
  葉は卵形をして、先は尖り、基部は心形。
  葉の腋から花茎が伸び、総状に3~8個の花をつけます。
  漏斗状の花径は15mmほどです。
  荒れ地や空き地などで大きな群落を作り、繁茂していることもあります。

名前の由来 : 縷(る)とは糸のように細いもののことで
  ルコウソウの葉は細く切れ込んでいます。
  ルコウソウに比べ葉に切れ込みがなく、丸いことから。

メモ=江戸時代末期に同じ仲間のルコウソウ(縷紅草)と共に栽培用として渡来し
  その後、野生化したものだそうです。
  葉が羽状に細く深く切れ込むルコウソウは今でも庭などで栽培されますが
  同じような花を咲かせるこのマルバルコウには人気がなく
  道端や空き地などで見るのがほとんどです。
 ・この仲間には他にルコウソウとマルバルコウの交配種
  モミジルコウソウ(紅葉縷紅草 =別名 : 羽衣縷紅草)があります。


 データなどは2010年10月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2015/09/23 Wed. 10:40 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« 2015年秋・荒尾干潟周辺の野鳥など④  |  ヤブヤンマ(薮蜻蜒) »

コメント

お返事

日のこさんへ
深紅のルコウソウには白花もあり、2種合わせて栽培されることもありますね。
また、ルコウソウほどではありませんが
モミジルコウソウも栽培されているのを見ます。
このマルバルコウは、当地方では空き地などで野草化し、繁茂しています。

トッコス爺 #- | URL | 2015/09/24 21:32 * edit *

こんにちは

このお花は空き地や道端などでよく見掛けますが鮮やかな色と可愛らしい形で好きです。
仲間がたくさんいたのですね。
画像で検索して見てみました。どれも可愛らしいお花で一鉢欲しくなりました。

日のこ #- | URL | 2015/09/24 10:30 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10