アオドウガネ(青銅鉦) 



アオドウガネ2z


夜、部屋に入ってきたものを翌朝カーテンに止まらせたり
指で掴んだりして写しました。


アオドウガネ4z



アオドウガネ5z



アオドウガネ6z


アオドウガネ(青銅鉦 又は 青銅金虫)

分類 : 甲虫(鞘翅)目コガネムシ科
体長 : 17~22mm
分布 : 本州以西~沖縄
  山間部から都心部まで広く分布
特徴 : 最もよく見られるコガネムシの仲間。
 夜行性の昆虫で、よく灯火に飛来し、昼間は草陰などで休む。
 背面はやや光沢のある緑色で、光線の加減で青銅色に変化。
 腹面は銅赤色をして、白い毛が密生しています。
 成虫は広葉樹の葉を食べ、幼虫は地中の植物の根を食べるので
 農作物や園芸草花にとっては害虫になります。

名前の由来 : 体の色から付いたものと想像できますが
 詳しいことは分かりませんでした。

メモ=近似種にヤマトアオドウガネがいるそうですが
 海岸地帯で多く見られ、上翅がやや短く
 上から見ると腹部の先端が三角形に見えるということです。



スポンサーサイト

Posted on 2015/09/16 Wed. 10:10 [edit]

CM: 3
TB: --

top △

« 2015年秋・荒尾干潟周辺の野鳥など ①  |  ヒメウラナミジャノメ(姫裏波蛇目) »

コメント

お返事

少彦名さんへ
コガネムシの仲間には、アオドウガネとかドウガネブイブイとか
コガネムシ、カナブンなどがいて名前を判定(同定)するのが難しいです。
図鑑によると、コガネムシの体色はメタリックグリーンの光沢があり
アオドウガネはそれに比べるとつや消し状の光沢だそうです。
名前などを調べるのは単なる老人の暇つぶしなんですよ。
トッコスとは当地方の方言で、頭などにできる出っ張ったコブのことです。

鍵コメントさんへ
この仲間が庭に入り込むと
草花の根などを食いつくすので、除去するのに苦労します。
部屋に入ってきたのをそのまま逃がすのがもったいないようで
片手離しでシャッターを押しました。

トッコス爺 #- | URL | 2015/09/17 11:31 * edit *

No title

はじめまして
コガネムシっていつも呼んでるのがこの子なんですかね
それにしてもいつも丹念に調べていらっしゃって自然がすきであってもなかなか出来るものじゃないなと感心しています
ところで、トッコスって何のことですか?

少彦名 #- | URL | 2015/09/16 22:18 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/09/16 15:41 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08