クワクサ(桑草) 



クワクサ1z


↓ 一つの花の大きさは1.5ミリメートル前後でしたので
大きくトリミングしています。

クワクサf1z
開花前の花です。花被片はまだ閉じています。


クワクサf4z
オス花です。花被片といわれるものが4裂し、オシベが4本出てきて花粉を飛ばします。
左上の糸状のものがメス花のメシベです。


クワクサw1z
半円形に盛り上がっているのがオス花たちです。
左側で数本糸状に見えるのがメス花のメシベです。


クワクサ(桑草)
分類 : クワ科クワクサ属   1年草
学名 : Fatoua villosa
分布 : 本州~沖縄
  畑の中、道端、荒れ地などに生える。
特徴 : 茎はまばらに枝分かれし、緑色又は赤紫色をして
  高さ20~50cm。
  葉は卵形で先は尖り、縁は粗いぎざぎざ(鋸歯)があります。
  小枝の葉腋から長短の柄を出し
  淡緑色又は淡赤紫色の小さな花(1.5mm前後)を密につけます。
  オス花とメス花は別々に咲く、雌雄同株です。

名前の由来 : 葉がクワ(桑)の葉に似ていることから。




スポンサーサイト

Posted on 2015/09/13 Sun. 10:45 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« アオジソ(青紫蘇)  |  コンロンカ(崑崙花) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08