オオフタオビドロバチ(大二帯泥蜂) 



フタオビドロ1z

部屋に入ってきたところをガラス戸にとまらせ
ストロボを使ったり使わなかったりしながら写しました。


フタオビドロ3z



フタオビドロ2z



フタオビドロ5z


オオフタオビドロバチ(大二帯泥蜂)

分類 : ハチ(膜翅)目ドロバチ(ススメバチ)科
体長 : 16mm前後
分布 : 日本全土
特徴 : 体色は黒で、腹部に2本の黄色い帯を持つドロバチ。
 (名前の由来になっています)
 他に顔面と胸部の背面に黄色の斑紋があります。
 竹筒や木材の穴などに泥で仕切った巣を作るそうです。
 一つ一つの巣には、狩って麻痺させたガ(蛾)の幼虫が入っていて
 ハチの幼虫はそれを食べて成虫になるとのことです。

メモ=ハチの図鑑を見ると
 オオカバフスジドロバチや
 ハグロフタオビドロバチなど似たようなハチがいましたが
 胸部の背面に明瞭な2本の黄色の斑紋があることから
 オオフタオビドロバチと判断しました。
 間違っていましたらご指導のほどお願いします。



スポンサーサイト

Posted on 2015/09/11 Fri. 11:15 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« コンロンカ(崑崙花)  |  クダマキモドキ(管巻擬) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △