fc2ブログ

クダマキモドキ(管巻擬)




クダマキモドキ1z



クダマキモドキ2z



クダマキモドキ3z



クダマキモドキ4z


クダマキモドキ(管巻擬)
サトクダマキモドキ(里管巻擬)

分類 : バッタ(直翅)目キリギリス科(図鑑によってはツユムシ科)
体長 : オス20~25mm  メス28~31mm  翅端まで45~60mm
分布 : 本州以西
 平地の樹木の高いところに棲む。
特徴 : 全体が緑色をしているツユムシの仲間。
 翅の幅が広く、木の葉形をしています。
 図鑑によればグルル、グルルと小さく鳴くそうですが
 確かめたことはありません。
 メスは鎌のような短く頑丈な産卵管を使い
 木の枝を縦に割き、その中に卵を産み付けるので
 時には果樹の枝折れを起こし、害虫になることもあるそうです。

名前の由来 : クダマキはクツワムシの別名で、似ていることから。

メモ=平地に棲むクダマキモドキをサトクダマキモドキと呼び
 標高の高いところにいるクダマキモドキをヤマクダマキモドキとして区別し
 後者の前足は赤紫色をしているそうです。

・管巻(くだまき)とは、機織りに使う糸繰り車の部品で
 この器具を使って糸を紡ぐときに出る音の連想から
 うるさく鳴く虫についた名前だそうです。
 地方によっては、ウマオイやヤブキリをいうこともあるそうです。



スポンサーサイト



テーマ : 昆虫の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

お返事

鍵コメントさんへ
ご質問は一番下のことかと思います。
茶色に見えている部分の先端が産卵管です。
キリギリスの産卵管はほぼ真っ直ぐですが
バッタの種類によっては鎌のように半円形をしているのもいますね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

お返事

みこたんさんへ
よく見かける野草、樹木、虫などにはすべて名前がついていて
その名前を見つけるのも楽しみの一つになっています。
また、その由来を知るとより親しみが持てるようになりますが
すぐに忘れてしまいます。

こんばんは。

良く散歩の途中に見かける昆虫にこんな名前がついていたなんて、
思いもかけませんでした、本当にいい加減なもので、
いつも見せていただいているお陰で、小さな花や見かける虫にも、
それはそれなりに名前があることが分かり楽しくなります。
プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード