ゴマダラチョウ(胡麻斑蝶) 



ゴマダラ1z



ゴマダラ2z


ゴマダラ3z
複眼が撮れるようにと近づいたところで逃げられました。
ほんのわずかですが複眼と口吻が写っています。


ゴマダラチョウ
(胡麻斑蝶)

分類 : チョウ(鱗翅)目タテハチョウ科
分布 : 北海道~四国・九州
 平地から丘陵地の雑木林周辺、人家周辺でも見られる。
前翅長 : 38~43mm   開張 : 60~80mm
特徴 : 黒地に白斑があり、表翅に比べ裏翅は淡色で褐色を帯びます。
 複眼はオレンジ色で、口吻(ストロー状に伸びた口)は鮮やかな黄色。
 花にはあまり集まらず、クヌギなどの樹液や柿の腐果などに集まるそうです。
 幼虫の食草はニレ科のエノキやエゾエノキということです。

名前の由来 : 胡麻(ごま)のように見える斑(まだら)模様から。



スポンサーサイト

Posted on 2015/09/05 Sat. 10:00 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« カイツブリ(鳰)親鳥と幼鳥…3  |  ショウリョウバッタ(精霊飛蝗) »

コメント

お返事

ijin さんへ
久し振りに貴ブログを訪れたら更新されておられ、嬉しくなりました。

無理をなされない程度で、更新なされるといいですね。
こちらこそよろしくお願いいたします。

トッコス爺 #- | URL | 2015/09/06 21:13 * edit *

No title

ご無沙汰しております。

よちよち歩きですがよろしくお願いいたします。

ご訪問有難うございます。

ijin #7ozVZe.w | URL | 2015/09/05 22:29 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △