カラスウリ(烏瓜) 




カラスウリ1z



カラスウリ1-2z



カラスウリ2z



カラスウリ2-1z


カラスウリ(烏瓜)


分類 : ウリ科カラスウリ属  つる性多年草
学名 : Trichosanthes cucumeroides
分布 : 本州~四国・九州
  山野、人家周辺の林の縁などに生える。
特徴 : 葉や茎に細毛があり、葉の表面には白毛が密生しています。
  葉の腋につく花は10cmほどで
  夕闇が迫るころから開花が始まり、午後8時頃には満開になり
  翌朝にはしぼむ一夜花です。
  雌株と雄株は別々の雌雄異株で、花には芳香があり
  スズメガなどが花粉の受け渡しをする虫媒花。
  秋に楕円形(長さ5~7cm)の果実が朱色に熟れます。
  種子は1cmほどの茶褐色で、その形から古くは玉章たまずさ=結び文と呼ばれ
  カマキリの頭にも似ています。

名前の由来 : カラスウリとは、「唐朱瓜(からしゅうり)」が訛(なま)ったもの。
  唐朱とは、唐から伝来した朱墨(しゅずみ)のことで
  鮮やかな果実の朱色が朱墨の色に似ているからだそうです。
  カラス(烏)とは関係ないということでした。

メモ=7月1日に投降したキカラスウリ(黄烏瓜)によく似ています。
  キカラスウリの葉の表面には毛がなく、花弁の先は幅広く広がります。
  また、果実の大きさは7~10cmで黄色に熟れ、種子は淡黒色の扁平ということです。


・キカラスウリの花と同じように
 今夜咲きそうな蕾のついた茎を切り取ってきて
 花瓶に挿したり、地面に這わせたりして撮りました。


スポンサーサイト

Posted on 2015/09/02 Wed. 10:00 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« スイレン(睡蓮)  |  サギソウ(鷺草) »

コメント

お返事

よしみ70さんへ
カラスウリもキカラスウリも夜にひっそりと咲く花です。
朝の散歩のときにはしぼんでいますので
このようにレース状に広がった花を見る機会は少なく
夕方の散歩のときフェンスに絡まっている茎を切り取ってきて
家で咲かせて撮りました。


トッコス爺 #- | URL | 2015/09/03 21:21 * edit *

No title

カラスウリ、ユニークな花ですね。
キカラスウリ(黄烏瓜)に良く似てますね~
いつも、珍しい花を拝見させて頂きありがとうございます。

ご自宅で育てられておいでなのですね (#^.^#)

よしみ70 #- | URL | 2015/09/02 22:56 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08