サギソウ(鷺草) 




サギソウ15-1z



サギソウ15-2z



サギソウ15-4z



サギソウ15-5z


サギソウ(鷺草)
栽培種

分類 : ラン科ミズトンボ属  多年草
学名 : Habenaria radiata
分布 : 本州~四国・九州 
  日当たりのいい湿地に生える 。
特徴 : 前年地中に出来た芋(球茎)から高さ20~50cmの花茎が伸び
  直径3cmほどの花を1~3個咲かせる。
  唇弁といわれる花弁は大きく3裂し、両側花弁の縁は細かく裂け
  シラサギ(白鷺)が羽を広げたような形となり
  これが名前の由来となっています。

メモ=花の造形が美しいことで知られる野生ランの一種で
  夏の野草の傑作とも称され
  鉢植えの山野草として親しまれています。
  ひと昔前までは、日当たりのいい湿地で普通に見られた野草だったそうです。
  今では環境汚染やら湿地の埋立てなどにより、自生地は激減しているとか。


 データなどは2012年8月投稿記事からの転載です。




スポンサーサイト

Posted on 2015/09/01 Tue. 10:00 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« カラスウリ(烏瓜)  |  ホテイアオイ(布袋葵) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △