ウシガエル(牛蛙)幼体 




ウシガエル1z


成体は警戒心が強く、昼間は水草の中や水場周辺の繁みなどに隠れていて
人などが近づくとすぐに姿を隠してしまいます。
幼生(オタマジャクシ)が変態したばかりの幼体は
成体ほど警戒心は強くないようで
昼間、水面に浮かんでいる姿を撮ることができました。

ウシガエル2z



ウシガエル4z



ウシガエル5z


ウシガエル(牛蛙)幼体
食用ガエル

分類 : 両生類  無尾(カエル)目アカガエル科
体長 : 成体は14cm~18cm  重さ200g前後
原産地 : アメリカ合衆国東部~中部 カナダ南東部
 1900年の初め頃アメリカより持ち込まれ
 今では北海道南部から沖縄まで広く分布。
特徴 : 成体のオスの背面は暗緑色をして淡黒色の斑紋があり
 メスの背面は褐色で斑紋はオスより多いということです。
 5~9月に産卵し、幼生(オタマジャクシ)で越冬し
 翌年の夏に変態して幼体となり、やがて成体になるそうです。
 成体は夜行性で警戒心が強く、昼間は水草の中やその周辺の繁みに隠れていて夜に活動し
 肉食性で、昆虫やアメリカザリガニ、他のカエル、魚類などを食べる。
 このカエルの生息している水域では
 在来種であるトノサマガルなどがいなくなった所もあるそうで
 特定外来生物に指定されています。
 オスは「ウォ~ウォ~、ウォォォォォ~ン」と太く大きな声で鳴きます。

名前の由来 : 鳴き声が牛に似ていることから。

メモ=別名が食用ガエルとあるように
 戦後食糧事情が悪かった頃は、食用にされていた時代もあったようですが
 今では名前だけが残っています。


スポンサーサイト

Posted on 2015/08/30 Sun. 10:00 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« ホテイアオイ(布袋葵)  |  ヘクソカズラ(屁糞葛) »

コメント

お返事

鍵コメントさんへ
ウシガエルの成体は自宅近くの溜池にいて
夜になると盛んに大きな声で鳴き、うるさいほどですが
昼間は姿を見ることができません。
幼体は成体ほど警戒心がないようで、撮ることができました。

昨年頃からカメラを提げて花撮りに出かけるのが億劫になり
自宅近くで見られる花たちを撮っています。

トッコス爺 #- | URL | 2015/09/05 12:40 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/09/04 10:09 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-07