コアオハナムグリ(小青花潜) 



ハナムグリ1z

花はセイヨウニンジンボク(西洋人参木)です。

ハナムグリ2z



ハナムグリ3z



ハナムグリ4z


コアオハナムグリ(小青花潜)

分類 : 甲虫(鞘翅)目コガネムシ科
体長 : 11~16mm
分布 : 北海道~屋久島・種子島
  日当たりのよい草花に集まる。
特徴 : 背面は緑色または銅色に白紋が点在しています。
 腹面は光沢のある黒色だそうで、淡褐色の細かい毛が密生し
 背面にもまばらに生えています。
 成虫は春から秋までいろいろな草花に集まり、活発に動き回りながら
 花粉を食べたり、花蜜をなめたりするので
 「花潜(はなもぐ)り」が転じてハナムグリになったそうです。


メモ=この仲間で、背面の色がよく似たものに
 ハナムグリとアオハナムグリがいるそうで
 同定(名前の見極め)に迷いましたが
 ハナムグリの背面は強い光沢があり
 アオハナムグリの背面は濃い緑色とありましたので
 コアオハナムグリと判断しました。
 間違っていたらご指導のほどよろしくお願いします。



スポンサーサイト

Posted on 2015/08/25 Tue. 10:54 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« トラマルハナバチ(虎丸花蜂)  |  ベニバナボロギク(紅花襤褸菊) »

コメント

お返事

鍵コメントさんへ
我が家のセイヨウニンジンボクは数年前ご近所さんから一枝いただいて
挿し木したのが今では毎年背丈以上に伸びます。
花が盛りの時はハナアブやチョウなどが蜜を求めて集まっています。
ハナムグリを見つけたのは今年が初めてでしたので
図鑑で調べたら、似た者同士が3種いて
コアオハナムグリが代表格みたいになっていました。

15号は隣町に上陸したとの報道でしたが
中心部だったせいでしょうか、大した被害も出ませんでした。

トッコス爺 #- | URL | 2015/08/26 22:24 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/08/25 23:59 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08