オオハンゴンソウ(大反魂草) 



オオハンゴン1z



オオハンゴン3z



オオハンゴン4z



オオハンゴン5z


オオハンゴンソウ(大反魂草)

分類 : キク科オオハンゴンソウ(ルドベキア)属  多年草
学名 : Rudbeckia laciniata
原産地 : 北アメリカ
特徴 : 明治中期に観賞用として導入されたものがほぼ日本全土で野草化。
  道端や荒れ地、畑、河川敷などに生える。
  草丈0.5~3m、下部の葉には長い柄があり羽状に3~5裂し
  上部は下部の葉のように羽状に裂けない単葉も見られます。
  茎の先に径5~6cmの花を咲かせます。
  外側の舌状花は垂れ、中央部の筒状花は緑黄色。

  〔同じ仲間のアラゲハンゴンソウ(7月27日投稿)の筒状花は黒紫色〕
名前の由来 : 葉が本州中部以北に自生するハンゴンソウに似て大きいことから。
  しかし、ハンゴンソウは別のキオン属に分類されています。
  ハンゴンソウ(反魂草)の「反魂」とは、魂を呼び返すとか、死者を蘇生させるという意で
  一説によると強い香りが死者を蘇らせたという言い伝えから。

メモ=繁殖力旺盛で、在来種の生育に影響を及ぼす可能性が強いということで
  「特定外来生物」に指定されています。
  指定された植物は原則として栽培することは禁じられ、駆除することになっているそうです。



スポンサーサイト

Posted on 2015/07/31 Fri. 10:47 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« キカラスウリ(黄烏瓜)  |  チュウサギ(中鷺) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08