ヤブキリ(薮螽斯) 



ヤブキリ1z


↑ 水面に浮き、もがいているバッタを見つけました。

↓ 脚をばたつかせたり、風の助けを得て、岸にたどり着きました。


ヤブキリ2z



ヤブキリ3z



ヤブキリ4z



ヤブキリ5z


ヤブキリ(薮螽斯 又は 薮切)

分類 : バッタ(直翅)目キリギリス科
体長(翅の端まで) : 45~55mm
分布 : 本州~沖縄
 幼虫期は草の間に棲み
 成虫になると丈の高い草原や木の上に棲む。
特徴 : 成虫は頭部から翅の先までの背面に褐色に筋が見られます。
 翅はキリギリスより長めで、脚の棘も鋭くて長い。
 幼虫期は主に花弁や花粉を食べるのでタンポポなどの花で見かけます。
 生長するにしたがって肉食性が強くなるそうで
 自分の体より大きいセミなどを捕食することがあるそうです。

名前の由来 : ヤブに棲むキリギリスということから。

メモ=キリギリスの仲間で「…キリ」と付く名前には
 カヤキリ、クサキリ、ササキリなどがいますが
 ヤブキリの背面には褐色の筋があり、これが見分ける一つのヒントだそうです。



スポンサーサイト

Posted on 2015/07/26 Sun. 11:44 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ルドベキア  |  クレマチス・ヘラクレイフォリア »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08