クロハラヒメバチ(黒腹姫蜂) 



クロハラヒメ1z



クロハラヒメ2z



クロハラヒメ3z



クロハラヒメ4z
あちこちと忙しなく動き回っていて、年寄りの眼では追いきれず
見苦しいぶれボケ画像です。


クロハラヒメバチ
(黒腹姫蜂)

分類 : ハチ(膜翅)目ヒメバチ科
体長 : 27mm内外
分布 : 北海道~四国・九州
特徴 : ヒメバチの仲間では大形で、腹部は黒色。
  翅は琥珀(こはく)色で、先端は暗青色。
  体全体の色は変異に富むそうです。
  主にスズメガやアゲハチョウの幼虫に寄生する蜂。
  ヒメバチの仲間は主としてチョウ(鱗翅)目、甲虫目、ハチ目、クモ類に寄生するそうです。

名前の由来 : 腹部が黒色のヒメバチということから。

メモ=ベッコウバチ(べっ甲蜂)によく似ていています。
  名前の判定(同定)に迷いました。
  いくつかのネット図鑑を見ると
  ベッコウバチの触角の先は丸くなっていたので、クロハラヒメバチとしました。
  間違っていたらご指摘ご指導のほどお願いします。



スポンサーサイト

Posted on 2015/06/24 Wed. 10:55 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ツクシカラマツ(筑紫落葉松)  |  2015年・アジサイ(紫陽花)いろいろ…8 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10