アサザ(莕菜) 



アサザ1z



アサザ2z



アサザ3z



アサザ4z


アサザ(莕菜 荇菜 浅沙 阿佐々)
ハナジュンサイ(花蒪菜)

栽培種

分類 : ミツガシワ(リンドウ)科アサザ属  多年草
学名 : Nymphoides peltata
分布 : 本州~四国・九州
  水深の浅い池や沼、湖などに生える水生植物。
特徴 : 根茎は水底の泥の中を横に這い、太い茎を水中から立ち上げる。
  葉は円形または卵形で大きさは5~10cm。
  葉の腋(わき)から数個の花柄を水面に伸ばし、その先に径3~4cmの花が咲く。
  花弁は5つに裂け、縁は細かく糸状に裂けています。
  花が咲くのは晴れの日だけで、朝早く開花して昼過ぎにはしぼんでしまう1日花。

名前の由来 : 諸説あり、朝に花が咲くからとか
  水深の浅い場所に生えるからとかがありました。

メモ=数十年前までの池や沼などには水面いっぱいに群生し
  花の最盛期には黄色一色に彩られた光景が見られたそうです。
  しかし、近年においては生活雑排水などの流入により富栄養化が進み
  以前見られたような群生地は少なくなっているそうです。
  環境省レッドリストでは「準絶滅危惧(NT)」。



スポンサーサイト

Posted on 2015/06/03 Wed. 10:35 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« カジイチゴ(梶苺)  |  2015年初夏・バラいろいろ⑨ »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08