ワスレナグサ(勿忘草) 



ワスレナグサ1z



ワスレナグサ2z



ワスレナグサ4z



ワスレナグサ5z


ワスレナグサ(勿忘草 又は 忘れな草)

分類 : ムラサキ科ワスレナグサ属  1年草 又は 多年草
学名 : Myosotis sylvatica
原産地 : ヨーロッパ
特徴 : 草丈20~40cm(品種によって異なるようです)
  茎は直立して数本の枝分かれをし、葉には灰白色の毛が生えています。
  葉は楕円形又はへら形で、長さ2~5cm。
  茎の先に中央部が黄色の花径1cm前後の花を多数咲かせます。
  花色はコバルトブルー、ピンク、白などがあるようです。

名前の由来 : 騎士のルドルフが乙女のベルタにこの花を贈ろうとして
  川に落ちてしまい「私を忘れないで」と叫んで死んだという
  ドイツの伝説によるそうです。

メモ=園芸用として栽培されているのは
  ヨーロッパやアジアの亜寒地帯に分布している「エゾムラサキ」か
  「ノハラワスレナグサ」、又はそれらの種間交配種ということです。
  投稿画像はどの品種かわからず、学名はエゾムラサキを書きました。
  他に「シンワスレナグサ」という品種もあるようで
  ネット図鑑では3者の特徴が錯綜しています。



スポンサーサイト

Posted on 2015/04/25 Sat. 10:28 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« コデマリ(小手鞠)…1  |  ゲンゲ(紫雲英) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08