ゲンゲ(紫雲英) 



レンゲ1z



レンゲ2z



レンゲ3z



レンゲ4z



レンゲ5z


ゲンゲ(紫雲英 又は 翹搖 いずれも当て字
レンゲソウ(蓮華草)

分類 : マメ科ゲンゲ属  2年草
学名 : Astragalus sinicus
原産地 : 中国
  一説によれば室町時代に渡来したといわれる帰化植物。
特徴 : 茎は根元から枝分かれして地面を這い、広がる。
  葉は4~5対の羽状複葉で、小葉は薄く、裏面にはまばらに毛がある。
  葉の腋から10~20cmの花柄を伸ばし
  長さ15mmほどの蝶形の花を7~10個付けます。

名前の由来 : ゲンゲは漢名の翹搖の音読みからといわれていますが
  振り仮名を調べましたが見つかりませんでした。
  レンゲソウは、7~10個の花が車輪状に並んでいる姿を蓮(ハス)の華に見立てて。

メモ=標準和名はゲンゲだそうですが、一般的にはレンゲソウで呼ばれることが多いようです。
  本来は水田の緑肥用として栽培される草で
  昭和30年代頃までは、水田一面に咲き乱れるレンゲの花は
  農村の春の風物詩でしたが、最近はその風景を見ることが少なくなりました。
  水田以外の場所でも野草化しています。



 データなどは2011年4月投稿記事に加筆修正ました。


スポンサーサイト

Posted on 2015/04/24 Fri. 10:50 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« ワスレナグサ(勿忘草)  |  ヤマシャクヤク(山芍薬) »

コメント

お返事

よしみ70さんへ
図鑑では「ゲンゲ」と書かれていることが多いようですが
こちらでも「レンゲ」と呼んでいます。
童謡の「ひらいたひらいた」でも「れんげのはながひらいた」となっていますね。

近くの水田のあぜ道で一握りほど咲いていましたので
出来るだけ低く構えて写しました。
おほめ頂き嬉しいです。有り難うございます。

トッコス爺 #- | URL | 2015/04/25 21:01 * edit *

No title

私の田舎では、レンゲと言ってましたね(*^-^*)
はい! 水田一面に咲き乱れていましたよ~♪
今では道端に咲いている花を見掛ける程度ですね。

派手さはないけど大好きな花です。
バックのぼかしがゲンゲの花の優しい雰囲気を醸し出していて
素晴らしくステキでね。 =*^-^*=

よしみ70 #- | URL | 2015/04/24 22:35 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10