ハラン(葉蘭) 



ハラン1z



ハラン2z



ハラン3z



ハラン4z
大きな葉が繁る地面すれすれに咲いているので
葉をかき分けて見つけ、花の周囲を少しだけ整えて写しました。


ハラン(葉蘭)
バラン(馬蘭) 
バレン

分類 : ユリ科ハラン属  常緑多年草
学名 : Aspidistra elatior
原産地 : 中国南部
特徴 : 庭園などの下草として植えられる植物で
  半日陰を好み、根茎から長い柄のある流線型の葉を1枚ずつ出し、密生する。
  深緑色の美しい葉に観賞価値があり、生け花などの材料に使われます。
  花は直径2~2.5cmで、地面すれすれのところで咲く地味な花です。
  花被といわれるものは厚いコップ形をしていて、8つに裂け
  一つ一つの裂片は三角形をしています。

名前の由来 : 漢名の音読みから。

メモ=江戸時代初期に中国から渡来したものだそうです。
  ランの名前が付いていますが、ランの仲間ではなく、ユリ科です。
  花粉の媒介はナメクジやカタツムリが担うとする説と
  落ち葉の下や草はらに棲むヨコエビだという説がありました。


 データなどは2011年5月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2015/04/22 Wed. 10:05 [edit]

CM: 5
TB: --

top △

« ヤマシャクヤク(山芍薬)  |  ポテンティラ・アルバ »

コメント

お返事

鍵コメントさんへ
ハランの花は地面に這うように咲き、泥をかぶっているようにも見えますから
葉っぱをのけるようにしながら
地面を明るくして探されると、一つか二つ見つかるかもしれませんよ。

トッコス爺 #- | URL | 2015/04/25 20:36 * edit *

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

# |  | 2015/04/24 16:35 * edit *

お返事

なっつばーさんへ
2011年にこの花を見つけて写しましたが
今の時期は一斉に他の花が咲き出しますので
翌年からは写すのを忘れていました。
お近くにハランが植えてあれば
立ち上がっている葉の根元を探して見られるといいですね。

れんげさんへ
2011年に見つけ、その後はつい見逃していましたけど
今年は何とか花の咲く時期を忘れずに写すことができました。
何しろ地面すれすれに、しかも日陰の暗いところに咲いていましたので
四苦八苦しながら写しました。

トッコス爺 #- | URL | 2015/04/23 20:39 * edit *

No title

花が咲く事は知っていましたが、こうしてみることが出来たのは初めてです。
う~~~ん、知っててもコレが花だって気が付かなかっただろうなぁ。
見せて下さって、ありがとうございました。

なっつばー #- | URL | 2015/04/22 22:03 * edit *

No title

いつも見逃してしまいますバランの花
久しぶりに見る事がでしました
目立たないので見るのに難しいですね。

れんげ #wpmRH4EQ | URL | 2015/04/22 15:27 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10