クサシギ(草鴫) 



クサシギb1z



クサシギb2z



クサシギb3z



クサシギb4z



クサシギb5z


クサシギ(草鴫 又は 草鷸)


分類 : チドリ目シギ科 旅鳥又は冬鳥
分布 : 日本全土
生息地 : 湖沼 河川 水田 湿地
体長(全長) : 約24cm   ムクドリくらい
特徴 : 旅鳥として全国に渡来し、関東地方以西では少数が越冬。
  冬羽は体上面が暗い灰褐色で、背と翼に細かな白斑があります。
  この白斑は夏羽ではよく目立ち、冬羽では薄れるそうです。
  白いアイリングが目立ち、可愛い目をしています。
  脚は灰緑色。
  単独行動のことが多く、主に水生昆虫や貝などの小動物を採る。

名前の由来 : 海辺で見ることはなく、内陸の草はらで見かけるシギということで。


※ 
冬枯れの時節で、昨年同様の変わり映えしない野鳥たちの投稿を続けています。
 データは2014年1月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2015/02/10 Tue. 10:58 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« モズ(百舌)♂  |  オナガガモ(尾長鴨) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08