2014年冬~2015年春・荒尾干潟周辺の野鳥たち…9 



ズグロj1z



ズグロj2z



ズグロj3z



ズグロj4z



ズグロj5z


2014年冬~2015年春
荒尾干潟周辺の野鳥たち…9
ズグロカモメ(頭黒鴎)…1

分類 : チドリ目カモメ科  冬鳥
分布 : 主に九州~沖縄
生息地 : 海岸 河口の干潟
体長(全長) : 約32cm  キジバトくらい
特徴 : ユリカモメ(百合鴎)によく似ていますが体長は一回り小さい。
  ユリカモメの嘴が赤く、長いのに対して、黒色で短い。
  また、ユリカモメの足は赤色に対し、ズグロカモメは暗赤色。
  冬羽の頭部から下は白色で、頭頂部に2本の灰黒色線が見られます。
  ユリカモメは水面に対してふわりと降りますが
  ズグロカモメは急降下して獲物を捕らえます。

名前の由来 : 夏羽の頭部は頭巾を被ったように黒くなるから。
  (ユリカモメも夏羽は頭部が黒くなります)

メモ=有明海にはクロツラヘラサギとともにズグロカモメも冬鳥として渡ってきます。
  『荒尾干潟』はラムサール条約湿地に登録されていますが
  大規模なシギ、チドリの数とともにクロツラヘラサギ、ズグロカモメが飛来することも
  登録される重要な基準となっているそうです。
  絶滅危惧Ⅱ類(VU)に指定されています。



 データなどは2013年2月投稿記事に加筆修正しました。

 3回に分けて投稿します。




スポンサーサイト

Posted on 2015/01/12 Mon. 10:29 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 2014年冬~2015年春・荒尾干潟周辺の野鳥たち…10  |  2014年冬~2015年春・荒尾干潟周辺の野鳥たち…8 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08