2014年冬~2015年春・荒尾干潟周辺の野鳥たち…4 



ユリカモメs1z



ユリカモメs2z



ユリカモメs3z



ユリカモメs4z



ユリカモメs5z
荒尾干潟の隣町、長洲港にて撮影


2014年冬~2025年春
荒尾干潟周辺の野鳥たち…4
ユリカモメ(百合鴎)
…1

分類 : チドリ目カモメ科  冬鳥
分布 : 日本全土 
生息地 : 海岸 港 河口 湖沼 河川 など
体長(全長) : 約40cm  (ドバトより少し大きめ)
特徴 : ユーラシア大陸中北部で繁殖し
  冬鳥として日本各地に渡来する小型のカモメ。
  通常、数十羽の群れで生活しています。
  背と翼上部は淡灰青色をして、翼の先は黒い。
  嘴(くちばし)は細くて赤く、先端は黒色、脚も赤い。
  冬羽では頭部は白く、目の後(耳あたり)に黒い斑紋があります。
  夏羽の頭部は濃いこげ茶色になり、頭巾をかぶったようになる。

  (夏羽は4月頃から見られるそうですが、まだ見たことはありません)
名前の由来 : 諸説あり、その一つに「入り江のかもめ=イリエカモメ」が転じて
  「ユリカモメ」になり、「百合」は当て字というもの。


※ データなどは2011年2月投稿記事に加筆修正しました。

 3回に分けて投稿します。



スポンサーサイト

Posted on 2015/01/05 Mon. 11:15 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« 2014年冬~2015年春・荒尾干潟周辺の野鳥たち…5  |  シャコバサボテン(蝦蛄葉仙人掌) »

コメント

お返事

北海道のくまさんへ
ユリカモメは内陸の河川やその周辺の湖沼にまで入り込むそうですから
不忍池で見られるのは珍しくはなさそうですね。

トッコス爺 #- | URL | 2015/01/06 21:15 * edit *

上野の不忍池にも いるのが
不思議だったり

北海道のくま #- | URL | 2015/01/06 02:41 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10