レモン・マリーゴールド 



ミントマリー1z



ミントマリー2z



ミントマリー3z



ミントマリー4z


レモン・マリーゴールド
タゲテス・レモニー
(学名読み)

分類 : キク科タゲテス(センジュギク)属  半耐寒性多年草
学名 : Tagetes lemmonii
原産地 : 北アメリカ南部 メキシコ
特徴 : 草丈50~100cm。
  葉は羽状に深く裂け
  小葉は披針形で、縁にはぎざぎざ(鋸歯)があります。
  葉に触れたり揉んだりするとレモンに似た芳香が広がります。
  花の大きさは2~3cm。

名前の由来 : 葉にレモンに似た芳香があるマリーゴールドということで。

メモ=11月7日に投稿したフレンチ・マリーゴールドの仲間で
  根から分泌する分泌液には
  ネマトーダ(線虫)やナメクジなどを寄せ付けない働きがあるそうです。
 ・姉妹品種にミント・マリーゴールドがあります。
 ・「ハーブの花」のカテゴリーで投稿していますが
  庭の花たちが淋しくなりかける秋から霜の降りる頃まで
  鮮やかな黄色の花を咲かせてくれますので、観賞用としても植えられます。


 データなどは2011年11月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2014/12/07 Sun. 10:59 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ヒイラギ(柊)  |  ハキダメギク(掃溜菊) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08