ハキダメギク(掃溜菊) 



ハキダメギク3z



ハキダメギク2z



ハキダメギク4z



ハキダメギク5z


ハキダメギク(掃溜菊)

分類 : キク科コゴメギク属  1年草
学名 : Galinsoga ciliata
原産地 : 熱帯アメリカ  帰化植物
  人家周辺や畑など、窒素養分の多い場所に生える。
特徴 : 草丈10~50cm。
  養分の豊富な場所では50~60cmほどに伸び
  砂利道などに生えたものや冬に花を咲かせるものは10cmほど。
  茎や葉には毛が多く
  茎先に径5mmほどの花を咲かせます。
  白色の舌状花は5個で、先が3つに裂ける。
  開花期は5~12月とされている図鑑がありますが
  暖地では1年中咲いているそうです。

名前の由来 : 東京・世田谷区のゴミ捨て場(=掃き溜め)で見つかったことで。

メモ=大正時代に渡来し
  第2次大戦後、急に目立つようになった野草で
  北海道~四国・九州で見られるようになっているとか。
  気の毒な名前ですが、近づいて見ると可愛い花でした。
 ・この花によく似たコゴメギク(小米菊)というのがあるそうで
  それとの比較ができず、ハキダメギクの名前で投稿しました。
  間違っていたらご指摘、ご指導のほどお願いします。



スポンサーサイト

Posted on 2014/12/06 Sat. 11:15 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« レモン・マリーゴールド  |  キカラスウリ(黄烏瓜) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10