ヒモゲイトウ(紐鶏頭) 



ヒモゲイトウ1z



ヒモゲイトウ2z


↑ 2枚は10月中旬撮影。
(撮影場所は別々)
↓ 2枚は11月上旬撮影。


ヒモゲイトウ4z



ヒモゲイトウ5z


ヒモゲイトウ(紐鶏頭)
センニンコク(仙人穀) 
アマランサス・カウダツス(学名読み)

分類 : ヒユ科ヒユ属  1年草
学名 : Amaranthus caudatus
原産地 : 熱帯アメリカ、熱帯アフリカ、インド、中央南アジアといわれています。
特徴 : 茎は赤味を帯びて直立し、草丈70~150cm。
  上部では多く枝分かれして
  小さなボールがつながったような花穂が紐状に長く垂れ下がります。
  花穂は紅色と黄緑色とあり、紅色種が普通だそうです。
  観賞用として栽培されていたものが逸出し、野草化していることもあるようです。

名前の由来 : ハゲイトウ(葉鶏頭)の仲間で、紐状に花が咲くことから。
  別名のセンニンコクは、仙人が食べる穀物ということから。

メモ=この花は花穂が垂れ下がっていますが
  直立する品種もあるそうです。
 ・南アメリカ(ブラジル)では古くからこの植物を栽培し、実を穀物として食べていて
  日本では健康食品として「アマランサス」の名前で販売されています。
 ・同じような花にベニヒモノキ(紅紐の木)がありますが、トウダイグサ科の別の仲間です。


※ 
データなどは2011年10月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト

Posted on 2014/11/12 Wed. 10:23 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« ネペタ・ファーセニー  |  サフラン »

コメント

お返事

さくらさんへ
いつもスルーばかりで、失礼しております。

写真の撮り方などいろいろ約束事みたいなものがあるのでしょうが
私はフレームを覗き、適当にシャッターを押しているだけです。
おほめのコメントを頂き嬉しいです。

今年の夏は暑さに参り、一度も近くの山公園に出かけることはしませんでした。
昨日から寒気が北部九州にも下りてきて寒くなってきました。
70歳代後半になると体力の低下は否めず、カメラ散歩も億劫になりがちです。

さくらさんにおかれてましても、体調に気をつけられ、元気にお過ごしください。

トッコス爺 #- | URL | 2014/11/13 12:41 * edit *

こんばんは~

ヒモゲイトウ、初めて拝見するお花です。
とっても素敵に撮られていますね~
モデルのお花も、嬉しいな~♫ と語っているようです(^^)

トッコスさんは説明も丁寧で勉強になりますよ。

秋も深まって、明日から寒さも厳しくなるとか、
どうぞ、お身体を労りながら日々のカメラ散歩を楽しんでくださいね。
 
 ではまた<(_ _)>
 

さくら #81/lD5GQ | URL | 2014/11/12 18:53 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08