サフラン 



サフラン1-2z



サフラン2z



サフラン3z



サフラン4z


サフラン
秋咲きクロッカス  
薬用サフラン


分類 : アヤメ科クロッカス属  多年草
学名 : Crocus sativus
原産地 : 地中海沿岸
特徴 : 草丈10~15cm。
  藤色の花弁は6枚で、花径4~6cm。
  黄色いオシベと鮮赤色の細長いメシベが3本あります。
  針状の葉は花後によく伸びて30cmほどになり、初夏に枯れます。
  赤色のメシベ(花柱)を乾燥したものが香辛料や生薬として用いられます。

名前の由来 : アラビア語の黄色を意味する「zafran」が変化したものだそうで
  もともとは赤いメシベのことを指していて、後に花の名前になったといいます。

メモ=春に咲くクロッカスと同じ仲間で、学名はクロッカス・サティバスとなっています。
  春咲きクロッカスと区別するため、別名は「秋咲きクロッカス」とあり
  また、クロッカス(花サフラン)はもっぱら観賞用として植えられるのに対し
  サフランのメシベは香辛料や生薬として用いられることから「薬用サフラン」とも呼ばれます。


 データなどは2011年11月投稿記事からの転載です。



スポンサーサイト

Posted on 2014/11/11 Tue. 10:45 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« ヒモゲイトウ(紐鶏頭)  |  ヒメアカタテハ(姫赤立羽) »

コメント

お返事

AzTak さんへ
西洋料理などの色付けにサフランの乾燥メシベを使いますが
1グラムで1,000円以上するようですね。

球根を土に埋めておくだけで
あまり手をかけなくても翌年には花を咲かせてくれます。
次の年には球根が殖え、花数も多くなるようです。

トッコス爺 #- | URL | 2014/11/12 14:40 * edit *

No title

私もどうせ植えるならお役立ちのこちらを植えてみたいものですが、そう簡単にはいかないんでしょうかね。
どうしてあの真っ赤な色から、目にも鮮やかな黄色の色素が出てくるのか不思議でなりません。

AzTak #xZCYq0Xc | URL | 2014/11/11 11:16 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08