ハナセンナ(花旃那) 



ハナセンナ1z



ナナセンナ2z



ハナセンナ4z



ハナセンナ5z


ハナセンナ(花旃那)
アンデスノオトメ(アンデスの乙女)
カッシア・コリンボサ
(学名読み)

分類 : マメ科センナ(カッシア)属  半耐寒性常緑低木
学名 : Senna corymbosa (=Cassia corymbosa)
原産地 : ブラジル~アルゼンチン
特徴 : 樹高2~3m。
  葉は3~4対の偶数羽状複葉で
  小葉は長さ3~8cmの長楕円形をしていて、先が尖る。
  葉の腋や茎先に花径3cmほどの花が10個ほど総状に付きます。

名前の由来 : センナ(旃那)とは漢方薬の名前だそうです。
  「アンデスの乙女」は流通名で、その由来は分かりませんでした。

メモ=この花によく似た咲き方をするコバノセンナ(小葉の旃那)がありますので
  後日投稿します。



スポンサーサイト

Posted on 2014/10/12 Sun. 11:08 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ホシアサガオ(星朝顔)  |  キマダラセセリ(黄斑挵蝶) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08