ツルマメ(蔓豆) 



ツルマメ1-2z



ツルマメ2z



ツルマメ3z
前に突き出ている2枚の花弁(翼弁)の色は
個体によって白っぽいものから濃い色まで、差があります。
9月上旬撮影


ツルマメfz
ダイズ(大豆)の原種だそうで
ダイズの莢(さや)によく似ています。
10月上旬撮影


ツルマメ(蔓豆)
ノマメ(野豆)

分類 : マメ科ダイズ属 つる性1年草
学名 : Glycine soja
分布 : 北海道~九州  
  日当たりのいい道端、田の畦、野原など
特徴 : 周囲に生えている木や草などに絡みつきながら茎を伸ばして生長する。
  その長さは3mにもなるとか。
  茎と豆果の莢(さや)には褐色の下向きの毛が生えています。
  花径は5mmほどで、長さは5~8mm。
  豆果の長さは25~30mmで中に豆(種子)が2~4個入っています。

名前の由来 : つる性のマメ(豆)ということから。

メモ=ダイズ(大豆)の原種といわれていて
  学名のsoja=ソーヤは「しょう油」の意味だそうです。
  ちなみにダイズの学名は Glycine max となっていて
  Glycine とは、ギリシア語で大豆味の「甘い」の意ということです。


データなどは2010年9月投稿記事に加筆修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2014/10/09 Thu. 10:38 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« コスモス(秋桜)  |  マメアサガオ(豆朝顔)他 »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10