コスズメ(小天蛾)幼虫 



スズメガy1z



スズメガy3z



スズメガy4z



スズメガy5z
ニシキノブドウについていた芋虫です。
この大きさになると繁っていた葉は一気に食べられてしまいます。


コスズメ
(小天蛾
 又は 小雀蛾)幼虫


分類 : チョウ(鱗翅)目スズメガ科
分布 : 日本全土
幼虫の終齢長 : 75~80mm
成虫の前翅長 : 26~33mm
特徴 : 幼虫は緑色型と褐色型があります。
  幼虫は5~6回脱皮を繰り返し、蛹になる。
  スズメガの仲間の幼虫には
  尻にアンテナのような角がありますが
  触っても刺されることはありません。
  食草はノブドウやヤブガラシ、ツタなど。
  成虫は夕方から夜間に活動し、灯火によく集まるそうです。

メモ=スズメガ科の幼虫はどれも同じような色姿をして
  同定(名前の見極め)が難しかったですが
  側面に数個の眼のような紋があったのでコスズメとしました。
  間違っていたらご指摘、ご指導のほどお願いします。


スポンサーサイト

Posted on 2014/10/07 Tue. 11:09 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« マメアサガオ(豆朝顔)他  |  コルチカム »

コメント

お返事

☆沙羅朋さんへ
尻に角を持った芋虫はススメガ仲間の特徴だそうですし
緑色系と茶褐色系とがいるそうですが
茶褐色系はいかにも芋虫みたいです。
運よく緑色系の芋虫が見つかり投稿しました。

トッコス爺 #- | URL | 2014/10/12 20:29 * edit *

No title

こんにちは^^
コスズメ・・・長い角はお尻のほうなんですね~♪
一見 角は頭の方ってイメージですけれど(笑)
目玉の模様の芋虫は緑色で綺麗ですね

☆沙羅朋 #JalddpaA | URL | 2014/10/11 11:04 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10