fc2ブログ

2014年秋・荒尾干潟の野鳥たち…2



ダイサギ6z



ダイサギ7z



ダイサギ8z



ダイサギ9z
手前はアオサギです。

ダイサギqz


2014年秋・荒尾干潟の野鳥たち…2
ダイサギ(大鷺)…2
亜種チュウダイサギ(中大鷺)


昨日と同じダイサギです。
昨日の記事の繰り返しになりますが
今の時期に見られるダイサギはアオサギより少し小さく
足の色が黒い、亜種チュウダイサギといわれるものだそうです。
やがてこのサギたちが南下すると
入れ替わるようにして
亜種オオダイサギ(大大鷺)が冬鳥として渡来するということです。

亜種オオダイサギはアオサギより少し大きく
足は白黄色又は肉色をしているそうです。
普通に見かけるサギの大きさを大きい順に並べると
オオダイサギ>アオサギ>チュウダイサギ>チュウサギ>コサギ>アマサギ
になるそうです。

なお、ダイサギとチュウサギ(中鷺)を見分けるには
(くちばし)の眼下にある口角の切れ込みが
目より後方に食い込んでいればダイサギで
目の下で止まっていればチュウサギだそうです。
また、チュウサギの嘴は短いということです。
それを踏まえてダイサギと判断しました。
もし間違っていれば、ご指摘ご指導のほどお願いします。



スポンサーサイト



テーマ : 野鳥の写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

お返事

翔子さんへ
アオサギは干潟、市街地の公園、水田などでよく見かけますね。

シラサギの仲間では、嘴が年中黒いコサギが家の周辺に舞い降りてきますが
人が近づくとすぐに逃げてしまいます。

No title

こちらも アオサギをよく見かけます

真っ白なサギは本当に素敵ですね

あんまり側に寄らせてくれないのですが側で見られるチャンスがあったらいいなぁ

お返事

☆沙羅朋さんへ
2種のダイサギについては、あちこちのネット図鑑を見比べながら
それらしきものだろうと判断しましたので、間違っているかもしれません。
ダイサギは普通単独行動をしていることが多く
このように集団でいるのを見るのは珍しいことでした。

No title

こちらは沢山いますね~♬
ダイサギとチュウサギの見分け方 良く分かりました~(*^ー^*)ノ
川でしか見ることがありませんが機会があったら
この特徴を確認したいです(笑)
プロフィール

トッコス爺

Author:トッコス爺
ご訪問頂き有り難うございます。

老い先短い爺が暇つぶしとボケ防止を兼ね、身の周りで咲く花やチョウ、トンボなどの昆虫、野鳥などをヨボヨボした足取りで見境なく撮り歩き、ブログに投稿するのを1日の楽しみにしています。
生物学者でも園芸家などその道の専門家ではありませんから、投稿前に手元の図鑑やネット図鑑などで名前を調べています。これも楽しみのひとつになっています。
しかし、個々の記事などは、日々衰えていく脳みそが少しでも活性化すればと思って調べた書置きみたいなものですから、間違った記述もあると思います。もし、間違っていたら、それは老いぼれ爺さんの勉強不足のせいなのでありますから、大目に見てくださると有難いです。


👈画像上でクリックすると少し大き目の画像が別窓で開きます。

最新記事
カレンダー
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
カテゴリ
最新コメント
現在の時刻
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSリンクの表示
天気予報

-天気予報コム- -FC2-
検索フォーム
リンク
QRコード
QRコード