ハナガサギク(花笠菊) 



ハナガサギク1z



ハナガサギク2z



ハナガサギク3z



ハナガサギク4z


ハナガサギク(花笠菊)
ヤエザキオオハンゴンソウ(八重咲き大反魂草)

分類 : キク科オオハンゴンソウ(ルドベキア)属  多年草
学名 : Rudbeckia laciniata var.hortensis
原産地 : 北アメリカ
特徴 : オオハンゴンソウ(大反魂草)を改良した八重咲き園芸品種で
  筒状花のほとんどが舌状花に変化しています。
  草丈は1~2mに伸び、葉は羽状に3~5深裂し
  葉裏には短毛が生えます。
  花径は5~10cmの大型の多年草。

名前の由来 : 花の様子を花笠に見立てた。

メモ=園芸種として栽培されるものが逸出し
  野草化している地方もあるようです。
  図鑑によってはオオハンゴンソウの別名をハナガサギクとされていることもあります。


※ データなどは2011年8月投稿記事に加筆修正しました。
※2 雑草好きさんからコメントを頂き
  オオハンゴンソウ(大反魂草)は「特定外来生物」に指定されていて
  改良品種も含め、栽培禁止になっているそうです。
  詳しくはコメント欄を参照してください。


スポンサーサイト

Posted on 2014/08/11 Mon. 10:28 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« サルビア・スプレデンス  |  ハラボソトンボ(腹細蜻蛉) »

コメント

お返事

雑草好きさんへ
コメントを頂き有り難うございました。

オオハンゴンソウが特定外来生物に指定されていることは知っていましたが
園芸品種も含まれているとは知りませんでした。
ご指摘を頂き、追記しました。

トッコス爺 #- | URL | 2014/08/13 11:45 * edit *

特定外来生物

はじめまして
ハナガサギクで検索していたら気になったのでコメントを残します。
花笠菊、別名ヤエザキオオハンゴンソウはブログ主さんの記述通りオオハンゴンソウの園芸品種ですが、2006年にオオハンゴンソウが特定外来生物に指定されたため栽培が禁止されています。
ブラックバスやカミツキガメの飼育を禁止する外来生物法という法律があるのはご存知かもしれません。
植物も13種が指定されていて、園芸植物であったオオキンケイギクやオオハンゴンソウもこの法律により栽培が禁止されました。
特定外来生物は種の指定なので改良品種も含まれます。
2011年の記事に加筆されたとのことなので、出来れば特定外来生物の情報も付け加えていただければと思います。

参考になる環境省のリンクを貼っておきます。

外来生物法 -特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律-
http://www.env.go.jp/nature/intro/index.html
特定外来生物同定マニュアル 植物 詳細PDF版
http://www.env.go.jp/nature/intro/4document/manual/shokubutsu2.pdf

雑草好き #WvFJWIIU | URL | 2014/08/12 14:22 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08