クリナム・ポウェリー 



ポウェリー1z



ポウェリー2z



ポウェリー3z



ポウェリー4z


クリナム・ポウェリー(学名読み)

分類 : ヒガンバナ科クリナム属  多年草
学名 : Crinum × powellii Baker
原産地 : 南アフリカ原産のクリナム・ブルビスベルムム種と
  同じくクリナム・ムーレイ種との交雑種。
特徴 : 偽茎といわれる球根から厚くて光沢のある帯状の葉を出し
  その中心部から太い花茎を60~100cmほど伸ばし
  その先に淡紅色の花を8~10個咲かせます。
  花の大きさは長さ8~12cmです。

名前の由来 : イギリスの育種家ポウェリーさんが作出した品種ということから。
  因みに、クリナムとは、ギリシア語で「ユリ(百合)」の意。

メモ=ネット検索では「赤花インドハマユウ」でヒットすることがあります。
  しかし、インドハマユウのベニバナ種ではなく
  人為的に作出された園芸品種ということで
  片親は先日投稿したアフリカハマユウだそうです。



スポンサーサイト

Posted on 2014/07/27 Sun. 11:03 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ダンドク(檀特)  |  クリーピングタイム »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08