トキワツユクサ(常盤露草) 



トキワツユ1z



トキワツユ2z



トキワツユ3z



トキワツユ4z


トキワツユクサ(常盤露草)
ノハカタカラクサ(野博多唐草)

分類 : ツユクサ科ムラサキツユクサ属  常緑多年草
学名 : Tradescantia fluminensis
原産地 : 南アメリカ
特徴 : 茎は横に這い、節から根を出して1mほどに伸びる。
  葉は長楕円状卵形をして、先端は尖り、縁は波状になり長さ5~7cm。
  茎先の葉腋から花柄を出し、花径1~1.5cmの3弁花を1~3個付けます。
  オシベは6本で多数の繊毛が密生しています。

名前の由来 : 葉が常緑で、ツユクサに似ていることから。
  別名のハカタカラクサ(博多唐草)については分かりませんでした。

メモ=昭和初期に観賞用として持ち込まれた
  葉に白い斑が入った「シロフハカタカラクサ(白斑博多唐草)」が抜け出して野生化し
  斑が消えたものといわれています。
  白い斑が入った品種は
  「トラディスカンチア・フルミネンシス ’ヴァリエガタ’」の名で栽培されています。
 ・また、この近縁種に「ミドリハカタカラクサ(緑博多唐草)」や
  「オオトキワツユクサ(大常盤露草)」があるそうで
  あるネット図鑑によると葉の裏や茎、花柄が紫色をしたものがトキワツユクサだそうです。
  その説に従えば、写真の花は「ミドリ…」か「オオトキワ…」のどちらかのようですが
  無難なところでトキワツユクサの名前で投稿することにしました。 



スポンサーサイト

Posted on 2014/07/05 Sat. 11:28 [edit]

CM: 4
TB: --

top △

« アフリカハマユウ(阿弗利加浜木綿)  |  キリンソウ(麒麟草) »

コメント

お返事

少彦名さんへ
トキワツユクサに似て赤紫の花を咲かせるのは
園芸図鑑には「ムラサキツユクサ」の名前で掲載されています。
単に「ツユクサ」といえば
よく目立つ花弁が2個の草原などに生える野草をいうようですね。

トッコス爺 #- | URL | 2014/07/08 19:03 * edit *

No title

この辺では青いのがいっぱい咲いてます。
露草というとこちらをさすようで、引っ越してきたとき露草が咲いてるよといわれて、これ露草じゃないけどと思ったものです。

少彦名 #- | URL | 2014/07/07 22:38 * edit *

お返事

よしみ70さんへ
この仲間にはムラサキツユクサや全体が紫色をしたムラサキゴテンなどがあり
花弁の中心部にあるオシベの周りの細い毛が一つのポイントになっていて
可愛いですよね♪

トッコス爺 #- | URL | 2014/07/06 14:37 * edit *

No title

トキワツユクサ(常盤露草)
3枚の花弁が とても可愛い花ですよね~(*^-^*)
6本のオシベも、この花を引き立てているように見えますね。

私のベランダでも5月中旬頃に咲きました。

よしみ70 #- | URL | 2014/07/05 20:36 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10