スイカズラ(吸葛) 



スイカズラ1z



スイカズラ2z



スイカズラ4z



スイカズラ5z


スイカズラ(吸葛)
キンギンカ(金銀花)
ニンドウ(忍冬)

分類 : スイカズラ科スイカズラ属  半落葉つる性木本
学名 : Lonicera japonica
分布 : 日本全土
  低山野の林縁 道端など。
特徴 : よく枝分かれし、つるを周囲の木などに絡めて長く伸びる。
  若枝には褐色の軟毛が密生しています。
  葉は長さ3~7cm、幅1~4cmの楕円形又は卵形。
  枝先の葉の腋(わき)に2個ずつ甘い香りのする花が咲きます。
  花の長さ3~4.5cmの筒状で、先は大きく二つに分かれ、上弁は4裂、下弁は線形。
  開花直後は白色でやや紅色を帯びていますが、時間の経過とともに黄色に変化します。

名前の由来 : 花の基部に蜜がたまっていて、吸うと甘いことから。
  キンギンカは、花が白色から黄色に変化するのを金銀にたとえた。
  ニンドウとは、冬には葉を全部落さず
  つるの先の葉が内側に巻いて寒さに耐え忍ぶことから。

メモ=「すいかずら」で漢字変換すると「忍冬」と出てくることがあります。
  「忍冬」は漢名だそうです。


スポンサーサイト

Posted on 2014/06/21 Sat. 11:15 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« レーマニア  |  ムラサキルーシャン »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10