ムツゴロウ(睦五郎)…4(終) 


ムツゴロf5z



ムツゴロf6z



ムツゴロf7z



ムツゴロf8z
途中ちょっかいを出す仲間がいましたが
2尾は巣穴に入って行きました。


ムツゴロウ(睦五郎)…4(終)


カップルが成立すると
メスは深さ20~30cmの横穴部分の天井に産卵し
その後すぐに出て行き
オスは孵化する1週間ほどの間、卵の世話をするそうです。





余談ですが、有明海にはムツゴロウのほかに以下の珍魚介類が棲んでいます。
メカジャ=ミドリシャミセンガイ(緑三味線貝)「生きている化石」ともいわれます。
ウミタケガイ(海茸貝)=殻から長く伸びた水管が、茸に見えることからの名前ですが
 象の鼻のようにも見えます。
ワラスボ=ハゼの仲間で、エイリアンのような怖い顔をしています。
イソギンチャク=イシワケイソギンチャク(石わけ磯巾着)
         当地周辺ではワケノシンノスと呼んでいます。
これらにはそれぞれに独特の調理法があり、有明海の珍味とされています。


スポンサーサイト

Posted on 2014/06/19 Thu. 11:40 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« ムラサキルーシャン  |  ムツゴロウ(睦五郎)…3 »

コメント

お返事

翔子さんへ
お褒めのコメントを頂き有り難うございます。
この日は干潮の時間と活動する時間がうまく重なったようで
反射神経の鈍いドジな爺でもまぐれでこんな写真が撮れました。

トッコス爺 #- | URL | 2014/06/21 14:05 * edit *

No title

すごい!
ムツゴロウ写真のに この躍動感!!
やっぱりトッコスさんすごいね^^

翔子 #- | URL | 2014/06/20 12:30 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08