ツバメシジミ(燕小灰蝶) 



ツバメシジミ1z



ツバメシジミ2z



ツバメシジミ3z



ツバメシジミ4z


ツバメシジミ(燕小灰蝶)

分類 : チョウ(鱗翅)目シジミチョウ科
分布 : 北海道~四国・九州
  草はら 河原 耕作地周辺などで見られる。
前翅長 : 14mm前後   開張 : 25mm前後
特徴 : オスの表翅は青紫色、メスは黒色。
  裏翅はオス、メスともに灰色がかった白色で、黒点と淡褐色斑があり
  後翅の外縁に赤橙色の紋があります。
  3~10月に4回ほど発生を繰り返し
  幼虫はマメ科のシロツメクサ、カラスノエンドウなどを食べ
  幼虫で越冬するそうです。

名前の由来 : 後翅にある尾状突起をツバメの尾に見立てたそうです。
  しかし、このような尾状突起を持つシジミチョウは他にもいます。

メモ=近似種にタイワンツバメシジミ、クロツバメシジミがいましたが
  初心者の無難な判断でツバメシジミとしました。
  間違っていたらご指摘、ご指導のほどお願いします。



スポンサーサイト

Posted on 2014/06/11 Wed. 10:42 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« キョウオウ(姜黄)  |  スモークツリー »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10