2014年春~初夏・荒尾干潟の野鳥たち…6 



キョウジョ1z
キョウジョシギの水浴びです。


キョウジョ3z
この鳥の特徴ははっきりしているので
私のような初心者でも、見間違いはないと思います。


キョウジョ4z
分かりづらいですが、カニをくわえています。
後ろ姿はハマシギです。

キョウジョ5z


2014年春~初夏・荒尾干潟の野鳥たち…6
キョウジョシギ(京女鷸)夏羽

分類 : チドリ目シギ科  旅鳥
分布 : 日本全土
生息地 : 砂浜や干潟、河川、水田など
体長(全長) : 約23cm 
 (ムクドリくらい)
特徴 : 頭部から胸部にかけては白地に黒色の斑紋があり
  体の上面は赤褐色と黒色の模様。
  わずかに上に反る短い嘴(くちばし)で小石などを裏返し
  カニなどの甲殻類や貝類などを食べる。

名前の由来 : 華やかな夏羽を「京女性の着物姿」に見立てた。

メモ=ユーラシア大陸や北アメリカ北部のツンドラ地帯で繁殖し
  冬は南半球まで南下して越冬し
  その途中の春と秋に、日本各地に渡来するということです。


 データは昨年6月投稿記事を一部修正しました。

● 昨日荒尾海岸に出かけたら、賑やかだった浜辺には
 ダイゼンの若鳥と思われる一群とシロチドリ数羽だけになっていて
 大方の群れは繁殖地に渡ったようでした。
 手許にはまだシギやチドリたちの撮り貯めがあるので
 折をみて投稿しようかと思っています。


スポンサーサイト

Posted on 2014/06/02 Mon. 10:48 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 2014年春~初夏・荒尾干潟の野鳥たち…7  |  ハマヒルガオ(浜昼顔) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-10