ホソバチョウジソウ(細葉丁字草) 



チョウジソウ1z



チョウジソウ4z



チョウジソウ2z



チョウジソウ5z


ホソバチョウジソウ(細葉丁字草)
チョウジソウ(丁字草)

分類 : キョウチクトウ科チョウジソウ属  多年草
学名 : Amsonia angustifolia
原産地 : 北アメリカ
特徴 : 草丈40~80cm。こんもりと繁る。
  葉は狭い線形(披針形)で、長さ6~10cm、幅1cm内外。
  茎先に淡青色の花径1.5cmほどの5弁花が集まって咲きます。
  花は高坏(たかつき)形で上部の花弁は平開し
  中心部には細かな毛が密集しています。

名前の由来 : 花の形が横から見ると「丁」の字に見えることから。

メモ
=日本に自生するチョウジソウは北海道~九州に分布しているけれど
  絶滅危惧種にされるほど希少な野草になっているそうです。
  チョウジソウの名前で流通しているものの多くは、自生種とよく似た
  外来種のホバチョウジソウ、又はヤナギバチョウジソウ(柳葉丁字草)だそうです。
  投稿名は無難な「ホソバチョウジソウ」を選びました。



スポンサーサイト

Posted on 2014/05/27 Tue. 10:30 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« センダン(栴檀)  |  アマリリス »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08