’14年の桜たち…7(染井吉野) 



ソメイz1



ソメイz3



ソメイz4



ソメイz5
近くの公営住宅の公園で撮影

2014年の桜たち…7
ソメイヨシノ(染井吉野)


一重  中輪  淡紅白色
エドヒガンを母種に、オオシマザクラを父種にした交雑種といわれています。
江戸末期に江戸染井村(現・豊島区)の植木屋が「吉野桜」として売り出し
後に、「染井吉野」と名を改められた。
花付きがよく、生育も早く、葉が出る前に花が咲くこともあって人気が出
全国的に広く植栽されるようになった、いわずと知れた桜の中のサクラで
最も身近なサクラの代表品種。
全国で植栽されている桜の8割近くはこのソメイヨシノだそうです。


 記事は’11年4月投稿記事を少し修正しました。



スポンサーサイト

Posted on 2014/04/02 Wed. 10:15 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« 花桃(菊桃)  |  ヒサカキ(姫榊) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08