ノジスミレ(野路菫) 



ノジスミレz1



ノジスミレz2



ノジスミレz3



ノジスミレz4


ノジスミレ(野路菫)

分布 : 本州(秋田県以西)~四国・九州
  日当りのいい乾燥気味の道端、野原などに生え
  名前の由来となっている。
特徴 : 葉は長楕円形か三角状の披針形で先がとがり、長さ2~8cm。
  両面に細かい毛が生え、触るとふわふわします。
  裏面は紫色を帯びることがあります。
  花径は1.5cm前後で、花色は青味の強い紫や淡い紫など個体差がありますが
  いずれにも花弁には濃い紫色の条(すじ)が見られます。
  図鑑には芳香があるとされていますが、匂いがしないものもあるようです。




 野辺のあちこちで野生のスミレが可憐な姿を見せています。
  名前を調べようとこの世界に入ると、簡単に名前の見極め(同定)が出来ませんが
  素人なりで見当を付け、スミレのカテゴリで投稿しています。
  間違いがありましたら遠慮なくご指摘、ご指導のほど、よろしくお願いいたします。


スポンサーサイト

Posted on 2014/03/31 Mon. 10:24 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ヒサカキ(姫榊)  |  タンチョウソウ(丹頂草) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08