ヒアシンス 



ヒアシンスz1



ヒアシンスz2-1



ヒアシンスzz3 


ヒアシンス(学名読み)
 飛信子 風信子

分類 : ユリ(キジカクシ)科ヒアシンス属  多年草
学名 : Hyacinthus orientalis
原産地 : 東部地中海沿岸
特徴 : 大きな球根から肉厚で幅のある葉を出し
  中央部から太い花茎を20~30cm伸ばし
  穂状に芳香のある花を沢山咲かせます。
  花径は2~3cmの漏斗状で、6裂して反り返ります。
  花色は白、黄、桃、青、青紫などがあります。
名前の由来 : ギリシア神話に登場する美青年ヒュアキントスに因んで付けられたそうです。

メモ=この花には2つの系統があり
  ダッチ系といわれるのは、1本の花茎に多くの花をつけ、水栽培もされ
  ローマン系は、一つの球根から数本の花茎が出るけど花数は少ないそうです。
  鉢物や花壇などで栽培されるのは、前者が多いようです。


スポンサーサイト

Posted on 2014/03/28 Fri. 10:36 [edit]

CM: 0
TB: --

top △

« ’14年の桜たち…6(雅)  |  ラッパズイセン(喇叭水仙) »

コメント

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08