クロキ(黒木) 



クロキz1



クロキz1-1



クロキz5


クロキ(黒木)

分類 : ハイノキ科ハイノキ属  常緑高木
学名 : Symplocos lucida
分布 : 本州(関東地方以西)~沖縄
  低山地の疎林内に生える。
特徴 : 普通は樹高6~7m、大きいものは10mを超えるものもあるそうです。
  葉は厚い革質で光沢があり、長さ4~7cmの楕円形をしていて
  縁には緩(ゆる)やかなぎざぎざ(=鋸歯)が見られます。
  花は葉の付け根にかたまって大きさ8mmほどの白い5弁花を咲かせます。
  オシベは多数あり、花弁より長く突き出ます。
  秋に1.5cmほどの楕円形の実が黒く熟れます。

名前の由来 : 樹皮が黒褐色をしていることから。

メモ=これといって特徴のない雑木ですが
  葉の腋に白い小さな花がかたまって咲いているこの時期は
  それなりに目立ちます。


スポンサーサイト

Posted on 2014/03/25 Tue. 10:54 [edit]

CM: 2
TB: --

top △

« ’14年の桜たち…5(伊豆吉野)  |  ヤマネコノメソウ(山猫の目草) »

コメント

お返事

☆沙羅朋さんへ
月桂樹に似た花ですよね。
こちらは1センチほどで写しやすいですけど
月桂樹はこれより一回り小さくて、写すのに苦労します^^;

トッコス爺 #- | URL | 2014/04/02 11:27 * edit *

No title

樹皮が黒いので黒木^^
花だけ見ると 月桂樹もこんな感じに咲きますね~♫

☆沙羅朋 #JalddpaA | URL | 2014/04/01 23:20 * edit *

top △

コメントの投稿

Secret

top △

2017-08